お知らせ

松平不昧展後期が始まりました!

2018/10/30(火)

現在開催中の展覧会「没後200年特別企画展 松平不昧」の後期が始まりました。
後期では、重要文化財の因陀羅筆「寒山拾得図」、中国・南宋時代の画家梁楷による「酔翁図」、不昧の手による「茶杓の文」などが登場します。
また、国宝の本阿弥光悦作「白楽茶碗 銘 不二山」や、不昧が初めて購入したと言われる重要美術品「伯庵茶碗 銘 奥田」などは前期に引き続き展示しております。
こちらの展覧会は、12月16日(日)まで開催しております。是非ご覧ください。