お知らせ

初公開!光悦茶碗

2019/04/25(木)

国宝「白楽茶碗 銘 不二山」とともに江戸時代前期に活躍した本阿弥光悦を代表する茶碗「光悦七種」に数えられている「赤楽茶碗 銘 障子」。
このたび、サンリツ服部美術館では、本阿弥光悦作「赤楽茶碗 銘 障子」を「特別企画展 茶人に愛された数々の名碗」(2019年7月6日~9月29日)にて初公開いたします。
「障子」は名品と伝えられながらも、これまでは『大正名器鑑』などに掲載されているモノクロ写真のみでしかその姿をみることができなかった、まさに幻の名碗です。
また、本展では国宝「不二山」も特別出品いたします。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

展覧会の詳しい情報は「次回展覧会のご紹介」をご覧ください。