お知らせ

新しい展示がスタートします!

2018/07/13(金)

サンリツ服部美術館では、7月15日(日)より「明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」展を開催いたします・
本展では、竹内栖鳳や横山大観など日本画壇を代表する画家の作品や近代彫刻の礎を築いた高村光雲の作品が登場。
また、「黒楽茶碗 銘 雁取」や「玳皮盞天目」、「佐竹本三十六歌仙絵巻 大中臣能宣像」といった近代数寄者ゆかりの茶道具や美術品を展示しております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

休館のお知らせ

2018/07/10(火)

7月9日(月)から14日(土)は、展示替のため休館いたします。ご了承くださいませ。
7月15日(日)からは、展示室2では「明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」と題した新しい展覧会を、服部一郎記念室では「服部一郎コレクション近現代絵画展 憧憬の西洋」を引き続き開催いたします。
多くの皆様のご来館をお待ちしております。

7月23日(月)美術講座参加者募集のお知らせ

2018/05/15(火)

企画展「 明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」に関連した美術講座を開催いたします。実践女子大学香雪記念資料館の山盛弥生先生を講師にお迎えし、「近代の日本画を知る―新旧と東西」というテーマで、江戸から明治大正へと時代が移り変わる中での日本画と、画壇の変遷についてお話し頂く予定です。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年7月23日(月)13:30-15:00(開場13:00)
会場:サンリツ服部美術館2階 喫茶室
参加費:入館料のみ
お申込み方法:お電話にてご予約下さい。(0266-57-3311)
*当日は休館日ですが、講座にご参加のお客様に限り、
13:00から講座開始まで、また講座終了後から15:00までの間
展示室をご覧いただけます。
                          以上