お知らせ

新しい展覧会が始まります!

2019/10/11(金)

10月12日(土)より、特別企画展 やまとうた 三十一文字(みそひともじ)で綴る和の情景が始まります。
11月13日まで開催される前期展では、「寸松庵色紙」や「堺色紙」といった古筆の名品や、重要文化財「上畳本三十六歌仙絵 大中臣能宣像」などの歌仙絵、古筆のアルバムともいえる手鑑「草根集」、和歌をモチーフにした工芸品などを展示いたします。

また、服部一郎コレクションでは4月から開催中の 服部一郎コレクション近現代絵画展 色彩を観るの一部作品を入れ替え、後期を開始いたします。

是非この機会にご覧下さいませ。

10月27日(日)諏訪湖マラソン大会に伴う交通規制について

2019/10/10(木)

10月27日(日)に第31回諏訪湖マラソンが諏訪湖ヨットハーバーを主会場に開催されます。
それに伴う交通規制のため、午前9時20分から午前11時15分までの間当館の駐車場へはお車での乗り入れができなくなりますので、ご注意くださいませ。

当館の開館時間は通常通り午前9時30分から午後4時30分までとなります。

交通規制の詳細については、諏訪湖マラソン公式ホームページをご覧ください。

「佐竹本三十六歌仙絵 中務像」公開について

2019/10/07(月)

「特別企画展 やまとうた 三十一文字で綴る和の情景」にて、重要文化財「佐竹本残十六歌仙絵 中務像」を初公開いたします。
今からちょうど100年前に切断され、くじ引きによって購入者を決めたことで注目を浴びた「佐竹本三十六歌仙絵」。
なかでもきらびやかな衣装を身に纏った女性像は人気を博しました。
歌人・中務は平安時代中期に活躍した人物で、恋の歌を多く残しています。
本作では、切なげな表情と華やかな十二単の色彩や文様が見どころです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

公開期間は、2019年11月15日(金)~12月15日(日)です。