お知らせ

記念茶会を開催しました

2018/10/03(水)

9月29日(土)に現在開催中の展覧会「没後200年特別企画展 松平不昧」展の記念茶会を開催いたしました。
本年は表千家流の林宗久先生に掛釜をしていただきました。当日は台風の近づくあいにくのお天気でしたが、お陰様で多くのお客様にご参加いただくことができました。ありがとうございました。
展覧会は前期が10月28日まで。一部作品を入れ替えて、後期は12月2日まで開催いたしますので、この機会にぜひご覧くださいませ。

「没後200年特別企画展 松平不昧」開催!

2018/09/22(土)

9月23日(日)より「没後200年特別企画展 松平不昧」展を開催いたします。
本展では、江戸時代後期を代表する茶人・松平不昧が最初に手に入れた茶道具「伯庵茶碗 銘 奥田」をはじめ、不昧ゆかりの茶道具をご紹介いたします。
また、不昧が所持していた「瀬戸新兵衛茶入 銘 弁舌」や「瀬戸市場手茶入 銘 忘水」を初公開、国宝・本阿弥光悦作「白楽茶碗 銘 不二山」を特別出品いたします。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし 後期がはじまりました

2018/08/21(火)

本日8月21日(火)から「明治維新150年記念 幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし」後期展が始まりました。
竹内栖鳳や横山大観、岸田劉生、小林古径の作品が登場!
また、近代数寄者ゆかりの茶道具として、「竹二重切花入 銘 女郎花」を出品中です。ぜひこの機会にご覧くださいませ。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。