お知らせ

入館料変更のお知らせ

2016/09/06(火)

9月11日(日)より、入館料を以下の通り変更致します。

大人 1000円(20名様以上の団体料金900円)

小中学生はこれまで通り、400円(20名様以上の団体料金350円)です。
なお、特別展開催中の入館料は別途定めます。

何卒ご了承下さいませ。

記念講演会を開催いたしました

2016/07/27(水)

7月25日(月)に、現在開催中の『服部一郎没後30年 特別企画展 禅宗と茶の湯の美』に関連した記念講演会を開催いたしました。
講師に野村美術館館長の谷晃先生をお招きし、「侘数寄の美」というテーマでお話しいただきました。
「侘数寄」の理念・思想を成立過程からわかりやすくお話しいただき、大変充実した講演会となりました。
展覧会は9月4日まで開催しており、今回当館で初公開の国宝 可翁筆「寒山図」は8月2日(火)までの出品です。8月4日(木)からの後期展示では、同じく国宝の「白楽茶碗 銘 不二山」、重要文化財の因陀羅筆「寒山拾得図」、日観筆「葡萄図」など、名品の数々を出品致します。
是非、この機会にご覧くださいませ。

「禅宗と茶の湯の美」展が始まりました!

2016/07/11(月)

サンリツ服部美術館では、10日より新しい展覧会、「服部一郎没後30年記念 特別企画展 禅宗と茶の湯の美」が始まりました。
当館のコレクションの中から、初公開の国宝 可翁筆 「寒山図」(8月2日まで公開)のほか、禅僧の墨蹟や茶道具の名品を展示し、初日からたくさんのお客様にご来場いただきました。是非この機会にご覧ください。