お知らせ

重要文化財「孔雀明王像」修理について

2020/03/13(金)

 サンリツ服部美術館では、貴重な文化財を永く後世へ伝えるために、開館当時より作品の修理・保存に努めてまいりました。
 現在は、重要文化財「孔雀明王像」の修理を行っております。本作は、細かい織り組織の端正な料絹に、緻密な彩色や金箔が施され、制作当初の優美な姿が現在に伝わる作品です。平安時代や鎌倉時代に制作された仏画のなかには、縫い目の部分が擦り切れている作品も少なくありませんが、本作には縫いしろや糸が残っており、制作過程を知ることができる貴重な作品です。しかし、長い年月の間に絵具の剥落や汚れ、折れなどが生じており、この度、本紙への負担を軽減するため2018年度から2020年度の3か年計画で、修理を行うことになりました。今回の修理は国からの補助金も得て、株式会社半田九清堂で進めています。
 2019年度は、剥落止めや本紙のクリーニング、旧肌裏紙の除去を行いました。2020年度は引き続き旧肌裏紙の除去のほか、欠損部分に補絹や補彩を行い、作品の状態を確認しながら表装を行う予定です。
 より良い状態で皆さまに公開することを目指し、今後も修理・保存事業を積極的に行ってまいります。

臨時休館に伴う会期変更のお知らせ

2020/03/03(火)

新型コロナウィルス感染予防および感染拡大防止のため、
当館では2020年3月9日(月)から4月15日(水)のあいだ臨時休館とさせていただきます。
また、2020年3月18日(水)から開催を予定しておりました「開館25周年記念 テレスコビッチ ちいさな幸せ」展および「海を渡ってきた工芸」展につきましては、4月16日(木)より開催いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

第1回美術講座参加者募集のお知らせ ※中止になりました

2020/02/07(金)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のイベントを中止いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

サンリツ服部美術館では、2020年度も例年ご好評をいただいております美術講座を開催致します。
第1回は、3月18日(水)より開催予定の「開館25周年記念 テレスコビッチ ちいさな幸せ」展に関連し、パナソニック汐留美術館の学芸員、萩原敦子先生を講師にお迎えし、「テレスコビッチと同時代の画家たち」というテーマでお話し頂きます。ロシア出身の画家テレスコビッチは、1920年にパリに出ました。現在エコール・ド・パリと呼ばれる画家たちが活躍していた1920年代のパリ。どのような画家たちが活動していたのでしょうか。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2020年5月18日(月)13:30-15:00(開場13:00)
会場:サンリツ服部美術館2階 喫茶室
参加費:入館料のみ
定員:60名(定員になり次第、募集を締め切らせ頂きます)
お申込み方法:お電話にてご予約下さい。(0266-57-3311)
*当日は休館日ですが、講座にご参加のお客様は、13:00から講座開始まで、また講座終了後から15:30までの間展示室をご覧いただけます。