お知らせ

第2回美術講座を開催しました

2019/07/23(火)

 7月22日(月)に、2019年度第2回目の美術講座を開催いたしました。
 今回は中之島香雪美術館の学芸課長、梶山博史先生を講師にお迎えし、「茶碗―その歴史と魅力―」というテーマでお話しいただきました。
 茶の湯で使われる様々な茶碗について、どのように日本で愛されてきたのかを豊富な画像とともにご説明いただきました。その見どころについても最新の情報を交えながらお話いただく、大変興味深い内容となりました。
 現在の展示で初公開中である本阿弥光悦作「赤楽茶碗 銘 障子」については、これまで印刷物でもカラーでは目にすることのなかった幻の名碗であることをご紹介いただきました。
 
 次回は10月18日(金)に開催いたします。講師は元五島美術館副館長の名児耶明先生です。演題は決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

新しい展覧会が始まります!

2019/07/05(金)

明日、7月6日(土)より、「茶人に愛された数々の名碗」展を開催致します!
国宝「白楽茶碗 銘 不二山」とともに、本阿弥光悦の傑作「光悦七種」に数えられる「赤楽茶碗 銘 障子」を初公開致します。
是非ご覧下さいませ。

美術講座「茶碗 -その歴史と魅力-」募集締め切りのお知らせ

2019/06/18(火)

7月22日(月)に開催予定の美術講座「茶碗 ―その歴史と魅力―」は、定員に達したため、募集を締め切りました。ご了承くださいませ。