お知らせ

重要文化財「孔雀明王像」修理について

2020/03/13(金)

 サンリツ服部美術館では、貴重な文化財を永く後世へ伝えるために、開館当時より作品の修理・保存に努めてまいりました。
 現在は、重要文化財「孔雀明王像」の修理を行っております。本作は、細かい織り組織の端正な料絹に、緻密な彩色や金箔が施され、制作当初の優美な姿が現在に伝わる作品です。平安時代や鎌倉時代に制作された仏画のなかには、縫い目の部分が擦り切れている作品も少なくありませんが、本作には縫いしろや糸が残っており、制作過程を知ることができる貴重な作品です。しかし、長い年月の間に絵具の剥落や汚れ、折れなどが生じており、この度、本紙への負担を軽減するため2018年度から2020年度の3か年計画で、修理を行うことになりました。今回の修理は国からの補助金も得て、株式会社半田九清堂で進めています。
 2019年度は、剥落止めや本紙のクリーニング、旧肌裏紙の除去を行いました。2020年度は引き続き旧肌裏紙の除去のほか、欠損部分に補絹や補彩を行い、作品の状態を確認しながら表装を行う予定です。
 より良い状態で皆さまに公開することを目指し、今後も修理・保存事業を積極的に行ってまいります。

臨時休館に伴う会期変更のお知らせ

2020/03/03(火)

新型コロナウィルス感染予防および感染拡大防止のため、
当館では2020年3月9日(月)から4月15日(水)のあいだ臨時休館とさせていただきます。
また、2020年3月18日(水)から開催を予定しておりました「開館25周年記念 テレスコビッチ ちいさな幸せ」展および「海を渡ってきた工芸」展につきましては、4月16日(木)より開催いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

開館25周年記念 テレスコビッチ -ちいさな幸せ開催のお知らせ

2020/01/15(水)

 開館25周年にあたる2020年、サンリツ服部美術館の服部一郎記念室では、3月18日(水)から9月6日(日)の日程でコンスタンタンテレスコビッチの展覧会を開催致します。
 コンスタンタン・テレスコビッチは、ロシアに生まれ、フランスで活躍した画家です。身近な題材を情感あふれる描写で描くアンティミスト(親密派)の画家で、日常生活のなかに見出した喜びを、鮮やかな色彩と躍動感のある筆で描きました。
 セイコーエプソン初代社長であった服部一郎は世界各地を飛び回る生活を続けるなかで、ごく自然に西洋芸術への理解を育み、作品を集めるようになりました。自宅やオフィスにもテレスコビッチの作品が飾られていたことから、一郎が親しみ深いその作品を好んでいだことが推測できます。中でも少女を描いた作品に、多くの父親たちと同じように我が娘のことを思い、その幸せを願っていたのでしょう。
 身の回りにある幸せを静かな情熱で描いたテレスコビッチの作品をお楽しみいただければ幸いでございます。