展覧会のご紹介

展覧会名

没後200年特別企画展 松平不昧

会期

2018年9月23日(日)―12月2日(日)
前期:9月23日(日)―10月28日(日)
後期:10月30日(火)―12月2日(日)

休館日

祝日を除く月曜日(9月24日(月)は開館)

入館料

大人1,100(1,000)円、小中学生400(350)円
*( )内は団体20名様以上の料金

概要

 松平不昧は、寛延4年(1751)に雲州松江藩6代藩主・松平宗衍(まつだいらむねのぶ)の次男として生まれました。幼名を鶴太郎、名を治郷(はるさと)といい、不昧、未央庵(みおうあん)、一々斎(いちいちさい)、宗納(そうのう)などと号しました。17歳の時に、財政難に苦しんでいた松江藩藩主となり、家老朝日丹波らの補佐を受けて財政改革を行い、治績をあげた人物としても知られています。
 また、不昧は茶の湯を好み、遠州流や石州流、三斎流を学んだ後、石州流不昧派と称する流派をなしました。茶道具の蒐集にも力を注ぎ、「雲州名物」といわれる膨大なコレクションを築きあげます。また、茶の湯の名物道具を研究し、名物の概念を定め、その後の茶道具研究にも大きな影響を与えました。
 この度は、松平不昧没後200年を記念し、サンリツ服部美術館のコレクションの中から、雲州松平家に伝来した茶道具や不昧の道具研究の集大成『古今名物類聚』に掲載されている作品などをご紹介いたします。本展を通じて、不昧が見つめた茶の湯の美に触れていただけますと幸いです。

主な出品作品

国宝 本阿弥光悦作「白楽茶碗 銘 不二山」江戸時代 
重要文化財 因陀羅筆「寒山拾得図」中国・元時代 (後期出品)
重要美術品 「唐物茄子茶入 銘 紹鷗茄子」 中国・南宋時代 
重要美術品 「伯庵茶碗 銘 奥田」 江戸時代
伝 牧谿筆 「睡虎図」 中国・南宋時代(前期出品)
「雨漏茶碗 銘 鈴鹿山」 朝鮮王朝時代
初出品「瀬戸新兵衛茶入 銘 弁舌」 江戸時代
初出品「瀬戸市場手茶入 銘 忘水」 江戸時代 
小堀遠州作 「茶杓 銘 雲林院」 江戸時代
千宗旦作 「茶杓 銘 すて子」 江戸時代(前期出品)

記念茶会

展覧会開催を記念し、お茶会を開催いたします。申込不要、椅子に座って召し上がって頂く立礼式の席ですので、初めての方もお気軽にご参加下さいませ。
 ・日時 2018年9月29日(土)10時―15時
 ・掛釜 表千家流 林宗久氏
 ・会場 サンリツ服部美術館2階 喫茶室
 ・定員 100名
 ・参加費 500円(別途入館料を頂戴いたします)
*茶会当日は喫茶室の営業はございません。ご了承くださいませ。

美術講座

ご好評をいただいている美術講座の第3回となります。松平不昧と茶の湯についてお話しいただきます。
 ・講師 中村修也氏(文教大学教授)
 ・演題 松平不昧の茶の湯
 ・日時 2018年11月5日(月)13時30分―15時
 ・会場 サンリツ服部美術館2階 喫茶室
 ・定員 60名
 ・参加費 入館料のみ
 ・申込方法 お電話、または受付にてお申込みください。
 (電話0266-57-3311)
*当日は休館日ですが講座に参加のお客様のみ、13時から講座開始まで、また講座終了後から15時30分まで展示をご覧いただけます。

同時開催

服部一郎コレクション近現代絵画展
憧憬の西洋