展覧会のご紹介

展覧会のご案内

企画展 煎茶 清風にあそぶ

会期

2016年4月17日(日)-2016年7月3日(日)

開館時間

9時30分-16時30分

休館日

祝日を除く毎週月曜日
ただし、4月18日(月)は開館

入館料

大人800(700)円 小中学生400(350)円 *(  )は団体20名様以上の料金

概要

煎茶文化は江戸時代中期、急速に日本に広まりました。茶の湯の世界において進みつつあった形式化への批判もあり、自由な精神を重んじて、煎茶を飲みながら人との対話や書画を楽しむことが受け入れられたのです。
江戸時代、日本に渡来した黄檗宗の隠元和尚ら、明末の知識人たちによって煎茶文化がもたらされます。京都・宇治に開かれた黄檗山萬福寺を起点として、日本の煎茶道は中国文化への強い憧れを抱きながら、医者や学者といった文化人たちを中心に発展しました。
このたびはサンリツ服部美術館のコレクションのなかから、煎茶の道具を「淹れる」「飲む」「飾る」「文人」の四つの視点に分けてご紹介いたします。清々しい風にあそぶ仙人の境地を一碗の茶に求めて、こよなく愛玩された道具の数々をお楽しみください。

主な出品作品

重要美術品 五彩透彫透彫仙盞瓶水注 中国・明時代 16世紀
白磁水注 徳化窯 中国・清時代
紫泥水注 宜興窯 中国・清時代
青花冠図茗碗 六代高橋道八 大正-昭和時代
白釉墨梅図茶心壷 田能村竹田 江戸時代後期
錫楕円式茶心壷 沈存周 中国・清時代

イベント

記念煎茶会
■日時 2016年4月27日(水) 10時-15時(14時受付終了)
サンリツ服部美術館2階 喫茶室
席主 平林和園氏(煎茶道方円流)
参加費 500円 定員100名
※入館料は別途頂きます

イベント

第1回 美術講座
■日時 2016年5月23日(月) 13時30分-15時(13時開場)
サンリツ服部美術館2階 喫茶室
講師 森達也氏(沖縄県立芸術大学美術工芸学部教授)
演題 「煎茶器の源流を探る-唐物を中心に-」
参加費 入館料のみ 定員60名
申し込み方法 お電話または受付でご予約下さい(Tel.0266-57-3311)

同時開催

服部一郎コレクション 近現代絵画展
『音楽を奏でる絵画』
2016年4月17日(日)?2017年2月5日(日)