次回展覧会のご紹介

展覧会名

明治維新150年記念
幕末から昭和の芸術家たちと近代数寄者のまなざし

会期

2018年7月15日(日)―9月17日(月・祝)
前期:7月15日(日)―8月19日(日)
後期:8月21日(火)―9月17日(月・祝)

休館日

祝日を除く月曜日(ただし、8月6日、13日、27日は開館)

入館料

大人1,000(900)円 小中学生400(350)円
*( )内は団体20名様以上の料金

概要

 今から150年前、明治という新たな時代が訪れます。新政府主導のもと、政治、産業、教育、文化などあらゆるものが日々発展し、日本は急速な近代化を成し遂げていきました。
 このような激動の時代の中、芸術家たちは伝統的な美意識と新たな時代の表現を模索しながら、多くの名品を世に生み出していきました。また、武家や町衆などによって支えられていた茶の湯では、明治期に入ると政財界の人々が嗜むようになり、近代数寄者たちによる豪華な茶の湯文化が花ひらきます。
 この度、サンリツ服部美術館では明治維新150年を記念し、幕末から昭和にかけて制作された絵画や工芸作品、近代数寄者ゆかりの茶道具などをご紹介いたします。目まぐるしく移り変わる時代の中で、芸術家や数寄者たちが求めた美の世界をお楽しみください。

主な出品作品

・冷泉為恭「養老勅使図」 江戸時代19世紀
・久保田桃水「山吹鮎図」 江戸―明治時代20世紀(後期出品)
・竹内栖鳳「鮮魚」 昭和時代 20世紀(後期出品)
・竹内栖鳳「夏木野雀」 昭和時代 20世紀(前期出品)
・高村光雲「鍾馗像」 明治時代 19世紀
・富本憲吉「白磁壺」 昭和11年(1936)
・長次郎「黒楽茶碗 銘 雁取」 桃山時代 16世紀

関連イベント

第2回美術講座
・日時:2018年7月23日(月) 13時30分から(受付開始13時)
*当日は休館日ですが、参加される方は13時から13時30分、講座終了後から15時30分まで展覧会をご覧いただけます。講座中は展示はご覧いただけません。
・講師:山盛弥生氏(実践女子大学香雪記念資料館客員研究員)
・演題:近代の日本画を知る―新旧と東西
・会場:サンリツ服部美術館 2階喫茶室
・定員:60名
・参加費:入館料のみ
・申込方法:電話、受付にて予約(電話0266-57-3311)

同時開催

服部一郎コレクション近現代絵画展 憧憬の西洋