次回展覧会のご紹介

展覧会名

祈りの美

会期

2018年1月4日(木)ー3月11日(日)
前期:1月4日(木)ー2月7日(水)
後期:2月9日(金)ー3月11日(日)

休館日

祝日を除く月曜日、2月8日(木)、
館内整理期間(2月25日-2月28日)

入館料

大人:1000(900)円、小中学生:400(350)円
※( )内は団体20名様以上の料金

概要

 古来より日本人はあらゆるものに神が宿っていると信じていました。その数は非常に多く、「八百万の神」といわれるほどです。太陽、月、雨、風、雷、山、川などは恵みや災害をもたらす存在です。そのため、日本の人々は自然を神と敬い、生活を営んできました。また、土着の神と朝鮮半島や中国から伝わった仏教が共存していることも日本ならではの文化でしょう。奈良時代、仏教は鎮護国家を目的とする国家事業の一つでした。しかし、平安時代になると個人の魂の救済のために信仰されることが多くなります。仏の教えは庶民にも広く伝わり、神・仏ともに信仰されるようになっていきました。
 美術のジャンルの中でも多く制作されているものの一つに宗教美術があります。日本でも信仰や布教、祈願のために、その宗派に関する書物や絵画、彫刻が制作されてきました。特に奈良時代から鎌倉時代にかけて、書や絵画、彫刻などの様々な美術作品に大きな影響を与えています。
 この度、サンリツ服部美術館のコレクションの中から、仏画、社寺縁起や高僧伝の絵巻、経典などを展示し、それらの作品から見えてくる人々の祈りの姿に迫ります。

主な出品作品

・重要文化財 「尊意参内図」 鎌倉時代 13世紀(前期)
・「地蔵菩薩像」 鎌倉時代 13世紀(前期)
・重要文化財 「孔雀明王像」 鎌倉時代 13世紀(後期)
・重要美術品「光明皇后発願一切経(五月一日経)」 奈良時代 8世紀(前後期頁入替)
・重要文化財「紺紙金字一字宝塔普賢観音経」 長寛元年(1163)(後期)
・伝 光明皇后「蝶鳥下絵経」 平安時代 12世紀(後期)
・冷泉為恭「公事十二ヶ月図」 江戸時代 19世紀(前後期頁入替)
・重要美術品「東北院職人歌合絵」 桃山時代 16世紀(後期)
・「銅製経筒」 平安時代 12世紀(通期)

同時開催

服部一郎コレクション近現代絵画展 
幻想風景 ―空想の世界に遊ぶ