次回展覧会のご紹介

展覧会名

桃山陶器 日本のやきもの革命

会期

2021年1月2日(土)- 3月7日(日)

休館日

祝日を除く月曜日

入館料

大人1,000円(900)円、小中学生400(350)円
( )内は団体20名様以上の料金

概要

 世界有数のやきもの文化を誇る日本。その歴史は1万2000年ともいわれています。当初は、祭祀に使用するうつわや食器などが中心で、鎌倉時代になると中国陶磁が上流階級の人々の間でつかわれるようになります。さらに、桃山時代になると、茶人たちによって日本のやきものにも価値が見出されるようになり、日本各地でやきものの生産が盛んに行われます。新たに登場した窯では大量生産が可能になり、釉薬も改良されたことでさまざまな色のうつわが短い間に次々と生み出されていきました。また、茶人や大名の指導のもと日本独自の個性豊かなうつわも多くつくられ、日本のやきものはめざましい発展を遂げていきます。
 このたび、サンリツ服部美術館では日本陶磁史のなかで最も大きな変革期を迎えた桃山時代のやきものに注目した展覧会を開催いたします。
 今もなお、多くの人々を魅了し続ける桃山時代の個性豊かなやきものの世界をお楽しみいただければ幸いです。

主な出品作品

「備前耳付筒花入」 桃山時代 16世紀
「伊賀耳付花入」 桃山時代 16世紀
「黄瀬戸胴紐向付」桃山時代 16?17世紀
「瀬戸黒筒茶碗 銘 長春亭」江戸時代 17世紀
「鼠志野額皿」桃山時代 17世紀
「絵唐津筒向付」桃山時代 17世紀
「朝鮮唐津手鉢」江戸時代 17世紀
「織部舟形向付」桃山時代 17世紀
「織部扇面向付」桃山時代 17世紀

同時開催

開館25周年記念 テレスコビッチ 小さな幸せ

音声ガイド

サンリツ服部美術館では、お手持ちのスマートフォンで聞くことができる音声ガイドをご用意しております。
ご利用は無料ですが、展示室ではイヤホンの装着をお願いしておりますので、お持ちくださいませ。なお、ショップでイヤホンの販売もしておりますが、機種によっては合わないものもございます。

感染症対策について

状況により、事前の予告なく開館時間の短縮や臨時休館をする場合がございます。開館状況はホームページにご確認下さいませ。


当館では感染症拡大防止のため、下記の対策を行っております。
・職員のマスク着用、手洗い、検温
・消毒用アルコールの設置
・各レジ前に飛散防止シールドの設置
・館内の定期的な消毒


来館されるお客様には以下の点にご協力、ご留意をお願いいたします。
・マスクの着用、咳エチケットにご協力ください。
・手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
・ご観覧の際、他のお客様と適切な距離を保つようお願いいたします。
・展示ケース、壁には触らないようお願いします。
・ご入館の際代表者の方のご連絡先の記入にご協力ください。
・団体31名様以上でのご来館はお断りいたします。ご了承ください。